その他移籍あれこれ
私が拾った、元カンテラーノの移籍

ビゲーラ     アスレティック → スポルティング・ヒホン
アンソテギ    エイバル → マジョルカ
エストラーダ   アラベス → 移籍先なし
ハビ・ガリード  ラス・パルマス → 移籍先なし 

その他、元レアリスタ

ホセ・アンヘル  ポルト → ビジャレアル
フラン・メリダ   ウエスカ → オサスナ
クラウディオ・ブラボ バルセロナ → マンチェスターシティ


ほかにも見つけたら追加しますね。
なんかあったら教えてください。



【2016/09/01】 | 移籍&契約関係 | トラックバック(0) | コメント(2)
in&out 2016
マーケット終了しました。
結局グラネロもチャーリーも残る事になりましたね(戦力外だと辛い)。
最後、サンセのバビッチ君がセグンダのレウスにレンタルに出る事が決まりました。

この夏の移籍をまとめておきます。

OUT

デ・ラ・ベジャ → オリンピアコス           移籍
ジョナタス   → ルビン・カサン           移籍
ディエゴ・レジェス →(ポルト)エスパニョール    レンタルバック
ブルマ     → ガラタサライ             レンタルバック
オラサバル  → グラナダ               レンタルバック

IN

ファンミ    ← サザンプトン             移籍
ウィリアン・ジョゼ ← (マルドナド)ラス・パルマス  移籍
トーニョ・ラミレス  ← AEKラルナカ           移籍(出戻り)
ダビド・コンチャ  ← ヌマンシア            レンタルバック
ガスタニャガ    ← ヌマンシア            レンタルバック

IN&OUT

オヤルスン 昨年同様ミランデスにレンタル
ルジ 昨年はマルドナドからのレンタル、この夏はマンチェスターシティからのレンタル
フィンボガソン →アウグスブルク 昨年はラ・レアルからのレンタル、この夏完全移籍
(フィンボガソンに関しては、公式発表がなかったような気がするのですが---ありました??)

サンセ他
パブロ・エルビアス → エルチェ   レンタル
バビッチ       → レウス     レンタル
エネコ・カピージャ → ヌマンシア   レンタル


1年前、オラサバル、オヤルサバル、オヤルスンで悩んでたのが懐かしいです。
短かったですね、オヤオラ組--。
【2016/09/01】 | 移籍&契約関係 | トラックバック(0) | コメント(0)
緊急人攫い対策
オヤルサバル契約更新2022

ミケル・オヤルサバル君が2022年まで、契約を更新しました!!!
って、あ?半年前に契約更新してなかったっけ????と思いますよね。

そうなんです、2月に2021年までの契約を結んだのですが、
久々に、緊急人攫い警報が発令されたからなのです!!

2月にはオヤルサバル君の違約金設定を4000万だか4400万ユーロだかに設定してたのに、
「アスレティクが違約金満額払って引っこぬく意志がある」とDVが金曜日に報道、
すると、間髪入れずに会長が動きました!(お隣は本気らしかった)
今回の契約に伴い、「違約金を5000万に、特別なケースは6000万ユーロ」に引き上げたのです。
特別なケースってのは、当然お隣さんの場合ですよね?

会長曰く「この夏、幾つかのクラブが彼とのサインを望んだが、ミケルはラ・レアルにいる事を望んでいるし、ラ・レアルの希望ある未来を築いていく力になってもらいたい。」
オヤルサバルくんも、「僕は自分の家であるここにいたい。ここでとってもハッピーだよ」とコメントしています。
グリみたいに、いつかはビッグクラブに行っちゃうかもしれないけど、お隣はないよね。

お隣は、今年に入ってイニマルちゃんやアリツくんにも接触してきてるっつーから油断なりません。
何よりもアドゥリスの後釜が必要で、オヤルサバルくんを違約金満額払いで狙ったようですが、
だったら、プライド捨ててジョレンテに戻って来て貰えば良かったのに---。
と誰もが思ってるはず---。


【2016/08/20】 | 移籍&契約関係 | トラックバック(0) | コメント(4)
複雑怪奇
ルジの件です。
昨日、いろいろと書きましたけど、今日DVに何故こんな長くかかったのか経緯が詳しく掲載されました。
昨日私が書いたのとは、決着は同じだけど、経緯はかなり違うようです。

スペイン語ロクにわからないので、今回も間違い多いかも知れませんが、こんな感じかと---

まず、ルジの所有権を持ってたウルグアイのデポルティボ・マルドナドについて。
このクラブは昔からある、ウルグアイ2部に所属するクラブですが、
2010年にイギリス系?の投資会社がオーナーになり、南米の選手の売買で利益を出すビジネスを展開。
ちなみに、マルドナドの最初の選手売買のうちの1人がウィリアン・ジョゼだったようです。
マドリーに貸し付けてガッポリ儲けたんですね。

そもそも、ウルグアイは選手の売買にかかる税金が安く、以前からウルグアイのクラブを通してアルゼンチンやブラジルの選手をヨーロッパに売るというパターンがあるのだそうです。違法ではありませんが、パナマ文書で有名になったタックスヘイブン、というか、オフショアってやつですね。

で、このマルドナドのオーナーのステラーグループというのが、どうやらマンチェスターシティの投資会社と関連があり、
2014年にマルドナドがルジをエストゥデゥアンテスから500万ユーロで買った時に、シティとステラーグループがルジの所有権の20%を所有、加えて1000万ユーロでの買い取りオプションを持ったそうです。

ルジはマルドナドでプレーする事なく、その足でレアル・ソシエダにレンタルに出されます。
なので、そもそもラ・レアルより前にシティが唾つけてたわけですね。

レンタル2シーズン目、2016年の早い段階で、ラ・レアルはルジの買い取りを希望。
ルジもラ・レアルへの残留を希望して、ルジとは早々に2022年までの長期契約の合意に達します。
次いでマルドナドとの交渉、当然ながらマルドナドはシティの買い取りオプション金額以下では売りません。

一方、シティはグアルディオラ監督がルジをご所望。
最初からセカンドキーパーとしてではなく、ハートと競わせる事を約束したそうですが、
ルジは絶対に試合に出られるチームでなくては嫌だと、これを断ったそうです。

6月10日には、マルドナド、ラ・レアル、シティの間で
ラ・レアルがマルドナドに700万ユーロ支払い、ルジの70%の所有権を保有、シティは1400万での買い戻しオプションを2019年まで持つ。買い戻しがなかれば、その後3年間、1年ごとに100万ユーロずつを支払って合計1000万ユーロ、100%の保有件を持つ、 という今の条件に近い形でほぼ合意したそうです。(これは日本でも噂出てましたね)

ルジはこの間バカンス中。6月21日にサンセバスチャンニ戻り、晴れて22日に契約書にサイン、後はクラブ間の契約書を待ってお披露目のハズだったのですが。

6月23日、イギリスでEU離脱を決める国民投票が行われました。結果は予想外のEU離脱。
よくわからないのですけど、これによりイギリスでの選手登録が法的に定かでなくなるとかで、急遽シティは、条件を同じにするまま、ルジを一旦買い取る事を決めます。(ウルグアイからだからEU関係なさそうだけど---)

ラ・レアル的には、お金をマルドナドに払うかシティに払うかだけの違いなので、マルドナドとシティ間の取引を待つだけでしたが---

その後、シティの側が法的チェックをした所、一度も所属した事のない選手に『買い取り(戻し)オプション』を付ける事は出来ない事が判明。それでとりあえずシティで登録してから半年間はラ・レアルにレンタルという形になりました。えーと、単にこのために買い取りしたって事かも知れない) これら全てが整ったのが今週の頭だったって話です。

なんか、長々と書きましたが、こんなの興味ある人なんか、そんないないか(^^;)
勝手にマルドナドが二股かけた〜みたいに書いてしまったので、反省兼ねて訂正いたしました。

でもマルドナドは女衒みたいなチームじゃないすか、感心しませんよね。

【2016/08/10】 | 移籍&契約関係 | トラックバック(0) | コメント(3)
ついに公式キタ!!
ルジ移籍決定
この写真なんか、もう6月に撮っちゃってたのよ

つ、ついにルジの公式発表が出ましたー!!!ヽ(≧∀≦)ノ

ま、待たされましたが、でもまだ色々と複雑なんで、経緯を含め私の理解してる所をまとめます。
間違ってたら教えてください。

過去2シーズン、ルジは所有権を持つウルグアイのマルドナドたらいうクラブからラ・レアルへレンタルで来ていました。
(ただし、マルドナドでプレーした事などは一度もなし。)

ルジはラ・レアルへ完全移籍を希望。
シティからもオファーが来ましたが、正GKであり続ける事にこだわり、ラ・レアルを選択。

ラ・レアル、ルジ、マルドナドとの3者で移籍についての話し合いがなされ、ほぼ3者合意に達し、
6月22日(たぶん)、ルジはラ・レアルとの2022年までの契約書にサイン。
ラ・レアル側も上の写真を含め、お披露目会の準備も万端整えてたのですが、が、
マルドナドからのドキュメントが届かない!!(マルドナドお得意)

どうやら二股かけてたマルドナドは選手本人の意向を無視して、
マンチェスターシティに400万ユーロでルジを100%売却。
マルドナドとシティの間で、すでに契約が交わされてしまったようです。

この怒りのネジれ契約----マルドナドに非があるし、シティもなんだかなぁの状態。
時間かかりましたが、どうやら何とか落としどころを見つけたようです。
(やっぱ先週シティを訪問した時に、チキさんとカタつけたと推測)


間違ってました。訂正を別記事で書きます。すみません。

その結果、
1、 まず、ルジは今年の12月までシティからのレンタルという形でラ・レアルでプレーする。
2、 1月にシティからラ・レアルへ完全移籍(推定700万ユーロ)

そして公式発表では何も書かれてませんが、MDによりますと、
3、 ただし、シティは2018年まで3年間毎夏1400万での買い戻しオプションを持つ。
4、 買い戻しオプションを行使しなかった場合、その夏ごとに100万ユーロを支払う。

シティの真意が解りませんよね--どの程度ルジを欲しがっているのか。
300万丸儲けだけでオッケーなのか。
本とかどうかは知れないけど、オプションがついてると嫌ですよね--毎年不安な思いをしそう。
そういうのは、おそらく1月の完全移籍の際に発表されるのかも知れません。
ハートが絶好調になるか、大物GKを獲得するかして欲しいですよね。

チキさんも、故郷で恨みを買いたくなければ、是非穏便に。

ともかく今年はルジがいる事は確実になりました。とりあえず良かった良かった。

あ、でもまだ、FAの承認待ちでシティ側での公式発表はないし、こっちも正式ドキュメントは作れてないみたいです。
もう、早くして〜〜。

【2016/08/09】 | 移籍&契約関係 | トラックバック(0) | コメント(4)
←prev next→

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード