A-8号線の歴史
A8号線
途中に関所を造っておくれ。ちなみに、ど真ん中あたりがエイバルです

レアル・ソシエダからアスレテイックへ移籍していくケースを『A-8号線に乗る』てな表現をするみたいですね。今回のイニゴーの移籍で散々この表現がされていて、加えて今日はMDにもDVにもそのA-8号線を去って行った逃亡者達の歴史が載っておりました。興味深かったのでご紹介してみます。(例によって間違ってたらごめんなさい。)

1 1989年 ロレン 

えええっ!禁断の扉を開いた第一号は、現スポーツ部長のロレンさんだったですと!し、知らなかったですよ。この方2001年くらいまでラ・レアルにいたじゃないですか。で、出戻りだったんですね。

最初の移籍は当時FWだった若いロレンさんだったそうで。アスレティックが彼の違約金180万ユーロを支払って連れてったそうです。これは当時のスペイン史上最高額の移籍金だったそうです。しかし、これ以前に移籍した選手がいなかったてのが信じられないーーー。昔は自分とこの地元の選手だけを使おうという不文律があったってのは本当だったんですね。

何故ロレンさんも禁断の扉を開いちゃったのかーーー。この1989年というのが、純血主義を捨てて初めての外国人選手(リバポー伝説のジョン・オルドリッジ)をとった年、これも関係あるのかなーとか深読みしてみたり。まーこれじゃぁロレンさんもイニゴーを引き止めにくかったでしょうね。

しかし、そんな大騒ぎしてとったのに、アスレティックは2年で放出、ロレンさんはクレメンテの下でCBにコンバートさせられたらしい。その後2年をレアル・ブルゴスで過ごし、出戻って来ました。

2 1990年 ダビド・ビジャボナ
この選手も違約金30万弱を払って引き抜いてますが、この選手はサンセに2年、トップチームに1年と在籍期間が短いので特記事項は無し。しかしやはり3年で放出。

3 1994年 ビチョール・アルキサ
ビチョールは特殊な可哀相なパターンなんですよね。ラ・レアルの会長の息子であった彼を、ラ・レアルのファンが「親の七光り」だと言って追放した形なんです。ひどいよぉ。当時の監督トシャックも戦力外扱いし、結局ラ・レアルから132万ユーロで売却しました。

でもその後はアスレティックの中心選手として活躍し、2003年にラ・レアルに帰って来たのは皆様ご存知の通り。今もベテランリーグではアスレティックじゃなくてラ・レアルの選手としてプレーしてくれてます。

4 1995年 ホセバ・エチェベリア
翌年、ビチョールを虐めた天罰が下りました。カンテラの星エチェベリアがかっ攫われました。17歳の彼にかけてたまさかの330万ユーロの違約金を払い、アスレティックが連れてってしまいました。この金額は、やはり当時の20歳以下の選手に支払われた史上最高額だったそうです。

この頃のエチェベは髪もふさふさで、ユースの大会でラウル、デ・ラ・ペーニャと共に大活躍!今で言えばボヤンとかネグレドとか、そんな金の玉子だったイメージ?この強奪に怒ったドノスティアは暴動寸前だったそうな。

そしたら、上の地図みたらエチェベの生まれたエルゴイバルって、もろA-8号線の上だわ。運命だったのかしら。

5 1995年 ルチョ・イトゥリノ
エチェベと同じ夏、もう一人A-8号線を行った選手がいました。フリーになって移籍したそうですが、名前しか記載されておりません。エチェベの衝撃が大き過ぎたからなのか?こちらからは契約更新のオファーを出さず放出の形だったのかも知れないですね。

6 1998年 アンドニ・イマス
この方は、今回のイニゴー同様に契約更新のオファーを蹴って移籍したケースだとか。97/98シーズンというのはアスレテイックがリーグ2位、ラ・レアルが3位(セグンダではありませんぞ)でフィニッシュ。でもあっちはCL、こっちはUEFAカップと、この差で転んだのではないかと推測してみたりして。今みたくCL4枠あればよかったのに。

7 2005年 イバン・スビアウレ
エチェベから10年、スビアウレ事件が起こります。一応書いておきますと、2005年の7月に入るや、アスレティックがスビアウレの電撃移籍会見を開きます。6月30日でラ・レアルとの契約が切れて晴れてフリーで獲得----のつもりが、実はスビアウレの契約条件には自動更新オプションなるものが付いており、まだ契約が終了していなかった!という事実が発覚!

寝耳に水のラ・レアル側は、契約違反としてアスレティックとスビアウレに違約金の3000万ユーロを支払うようにと裁判を起こし、結局スビアウレは2年近くも所属チームもなく、最終決着を見たのは昨年のこと。裁判所はアスレティックとスビアウレに対、しラ・レアルへ500万ユーロの支払いを命じる判決を下しました。

この事件で両チームは絶交状態。壮絶な苦労にもかかわらず、結局アスレティックで殆ど使って貰えず戦力外扱いのスビアウレ---気の毒すぎ。

彼とその家族は元々アスレティックファンだったんですよねー。それにつけ込んだ形の周りの大人達がひどい。スビアウレは若干ハタチかそこらの世間知らずの若者だったって事で、一番悪いの代理人だろーと私は思うのですが。

ラ・レアルにしても、法律的には非はなかったにせよ、当時のフエンテス政権は選手とのコミュニケーション不足してた感じしたし。

今年はどうなるんでしょうね、スビアウレ---?結局またレンタルか放出かなんでしょうか?プレーできるチームに移る方が絶対正解だよ。

8 2006年 イゴール・ガビロンド
ガビロンドの移籍に関しては、敵視してるファンはあまりいないんじゃないかと思いますが。ラ・レアルでは何年も出場機会に恵まれず、バルケロとポジションを争うならともかく、アランブルに左サイド持ってかれたくらいですからね。

あまり熱意の感じられない更新オファーは出されたけど、更新を受けても余り状況が変わる様には思えなかったし。出場機会を求めてラ・レアルを出る決断をしたのは当然だったと思います。

9 2008年 ミケル・バレンシアガ
記憶に新しい昨年のサンセのバンレシアガの移籍。彼の場合はカスティージョの身代わり&現金の為に売られましたから、本人の意思がどうだったのか、本音を聞きたい所でありますね。結局カスティージョにも逃げられるはめになりましたが-----。

10 2009年 イニゴー・ディアス=デ=セリオ
そしてイニゴー、最初のロレンさんから20年で10人目。セグンダに落ちてから「プリメーラ」を望んでA-8号線に乗った最初のケース。そして最後になりますように。


と、禁断のA-8号線の歴史を見てきましたが、アスレティックってお金持ちなんだと分かりました。エチェベにかけてた、まさかの違約金を支払われたせいか、その後は(私が持ってる2003/06あたりのマルカのガイドによると)絶対無理な次元の一律3000万ユーロに引き上げられています。(唯一の例外がシャビ・アロンソとアランブルの二人で4500万)

また、この20年で両チームとも立場がいろいろと変わってるのが分かりますね。まぁ、今までは常にアスレティック優位だったのは否定できませんが、でもお隣だって、ここのところ万年残留争いだし、近い将来セグンダ落ちする可能性も無いとは言えませんよ。

いつの日かA-8号線を逆走させてみようではありませんか-------


【2009/07/03】 | ラ・レアル | トラックバック(0) | コメント(3)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
ジャイアンの黒歴史紐解いて行ってるの見ると他ファンながらちょっと苦笑と言うか笑ってしまいます、ごめんなさいw

幾らなんでもエチェベリアとハビマルはやりすぎですよね、根こそぎだもん。昨期はその被害にあいそうでしたけどホントこの黒歴史見ると被害にあわなくて良かったと思いますw
サラゴサでは少し前には移籍金釣上げてまた再アタックしてるなんて話も出てましたが、何とかプロ契約に漕ぎつけてジャイアンの魔の手を振り払えそうですvv

オサスナも昨期サラゴサから2人選手が移籍してちょこちょこ気に掛けて見てたのですが、あそこの若手も大丈夫かいな・・・

再来年こそはガツンとジャイアン苛めやって欲しいですね、ソシエダには



そういや後1つ気になったでマルカの移籍ページのサラゴサ情報ででシャビ・プリエトの名前出てたんですけど、シャビ・プリエトって移籍あるんですか??このブログ見る限りじゃ本人の意思もある割とアンタッチャブルな選手だと認識してたんですけど、それでもやっぱり目先の現金化が問題としてあるんでしょうか?サラゴサの現地では殆ど名前を見た記憶がないのでまぁサラゴサの線はないでしょうけど、ちょっとビックリしました。シャビ・プリエトとアランブルは確実にキープしたい所ですよね、今年の活躍を見ると特に。シャビ・プリエトまで居なくなったら来年はホント益々厳しくなるっしょ・・・
【2009/07/04 11:10】 URL | no21 #PBptND0Q[ 編集]
いえいえ、来年まで待たずに、今年サラゴサで虐めてやってください。セグンダの怨念をパワーに---

エレーラ君はとにかくホっとしましたね。エレーラ君だけじゃないけど、最近はエチェベの頃とは違って、バスク人の最高レベルの選手は若い頃からアスレティックより上のチームを見ていますから、あそこも純血主義では厳しい状況であるのは間違いないとは思います。

シャビ=アロンソもそうだったけど、オサスナのモンレアルとかアスピリクエタだって、アスレティックなど眼中にはないでしょうし。


プリエトに関しては、マルカの移籍ページはいい加減なので、まずそれはないと思います。ただ、一応売らない方針ではありますが、大金積まれれば売る可能性が無いとは言えません。。何しろ経営破綻してるので管財人様の言う事を聞かなくちゃならないし。

二人も売り出し中のGKが、結局まだ正式オファーが来ないんだそうで----GKいりませんか????

【2009/07/05 20:20】 URL | ぐるぐる #eBHgjcAE[ 編集]
>no21さん
毎日新しい名前が出てくるスポーツ紙の移籍情報なのでアテにはできませんが、
サラゴサがマジョルカ所属でナスティックでプレーしてたビクトル・カサデススにも興味があるって記事を目にしました。

ビクトルは07/08シーズンにはラ・レアルにいた選手なんですよ。
若い将来性のある選手だと思うので、マジョルカで使わないならサラゴサで使ってくれると嬉しいですねー。

FWの選手ですが、今年のマルコスみたいに、やっぱプリメーラのチームの若手は違うねー、と思わせてくれる活きのいいプレーを見せてくれてました。

おすすめしますよー
【2009/07/06 11:36】 URL | ぐるぐる #/7OPPrJQ[ 編集]
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/645-418f492d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード