情け無用
 XPとアランンブル

ども、私がサボってる間に怪我人は続々と回復しているようで、喜ばしい限りです。ガリ君も練習初日は「仮面の男」になってた様ですが、もうプロテクターもとれてるみたい。ガリガリ仮面の写真をダウンロードしそこなったぁ。

さて、いよいよアラベス戦、場合によっては運命が決まる試合です。そしてアラベスにとっても降格がかかった土壇場の試合。これにラ・レアルが勝てばアラベスの降格はほぼ決定。アラベスが勝てばラ・レアルの昇格はほぼ消滅。エンパテならば両チームとも救われない‥同じバスクのチーム同士で非情な倒し合いをせねばなりません。果たしてラ・レアル、文字通り「弱者を足蹴にしても這い上がる」非情さを見せることができるのかっ!??

しかも、「降格」をめぐっては両チームには因縁の歴史があるようです。98/99シーズンの最終節、その年にセグンダからプリメーラに上がったアラベスは降格の危機に瀕し、最後にラ・レアルとメンディソローサで対決。ラ・レアルは温情をかけて負けてあげた為、アラベは残留する事ができました。ところが翌年、立場は逆転。降格の危機にあえぐラ・レアルがメンディソローサを訪れると、アラベスサポーターは「セグンダへ行きやがれ」の大罵声。ま、負けたけど何とか降格はせずにすみましたが‥

そして覚えてますか?2年前だっけ?最終節にラ・レアルが降格の危機のエスパニョールと対戦。その時エスパニョールと残留を争っていたのがアラベス。そしてエスパニョールにまさかのロスタイムに得点を許して、最後の最後のロスタイムにアラベスをセグンダに叩き落としたのがラ・レアルでした。エスパニョールのコロちゃんの、感動ゴールにじ~~ンとなった私ですが、ありゃアラベスファンにしてみれば、逆恨したくなるよな展開でしたね。

今回も「おまえらがプリメーラで俺らがセグンダBってのは許せん」と思ってるはず。激闘、死闘は必至ですね。でもカピタンのアランブルさんも言ってましたが、「相手も3ポイントが絶対に必要なので、ガチガチに守って来られることはない。その方が俺たちには好都合」という事だし、ここにきてアウェーが苦手なアンダルシアの40度もあるスタジアムではなくて、良く知った、同じバスクの相性良いスタジアムであるのは助かります。

しかもアラベスは選手が二人サスペンション。ラ・レアルからレンタルされてるダド君(ステファノビッチ)も試合には出られないそうです。降格の辛さは痛い程解ります‥が、ラ・レアルの昇格のためならば、情け無用の冷酷な勝利を望んじゃいますね。
だけど選手達がなぁ~、情け無用ってタイプからはほど遠いからなぁ~

【2008/06/06】 | ラ・レアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/347-c7473b43
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード