33節試合速報
セルタ 1-1 レアル・ソシエダ

かぶりものファン

17分 レキ 1-0
41分 ディアス・デ・セリオ 1-1

パっとしない試合みたいでした。やたらファウルとる審判で、試合が途切れてばかりのせいもあったかも知れませんが、ちっとも熱さを感じさせない内容だったらいいです。前節の最後の10分に見せた気迫がまったく維持できてない。本気で昇格する気あるんか~!

事前の噂では4-3-2-1のクリスマスツリー型になるのではとされてましたが、4-2-3-1だった感じ。今回ガリタノとマルティのドブレピボーテで、アランブルが左。1トップはイニゴー。

17分の失点はやはりコーナーキックから。いい加減にしてくれませんかね。久々のイニゴルは又もラジオのCM開けのゴール!シャビ・カスティージョのデ・ペドロ張りの鬼クロスからイニゴーがヘッドで叩き込んだらしいです。やはり終了間際もカスティージョが良いクロスあげてマルティがヘッドで合わせてあわやゴールという惜しいシーンがあったらしいですが、エステバンのパラドンに阻まれました。カスティージョ君は今回のベスト選手に選ばれてましたね。

しかしあとは、相変わらず手間かけすぎ。もっと縦パス入れてよ~。ワントップもどうでしょね。このチームであまり成功したためしは無い。しかも交替でビクトル入れるのはいいいけど、イニゴー下げちゃうしぃ。それに今回、どうやらペナルティエリアで怪しいファウルを見逃してもらったらしくて‥けっこ危ない場面もありました。

なんだか本来一番がんばらねばいけない、アランブルとシャビ・プリエトがイマイチ淡白だったらしくて、さすがの地元ラジオでも性格やらメンタル云々が言われてましたね。カピタン「俺について来い」ってタイプじゃないんですもの。久々にプリエトは途中でガリ君に交替させられました。ガリ君の右は好き(左は勘弁してね)。

幸い、ラ・レアルを追うエルチェもカステジョンも躓いたので、追い越される事はありませんが、今晩のマラガ対スポルティングの試合いかんで昇格圏とは3ポイント差に‥エンパテに終わりますように!


Celta de Vigo: Esteban; George Lucas, Rubén, Lequi (Guayre, m.67) Agus; Jorge, Rosada (Vitolo, m.58), Michu, Roberto Lago; Diego Costa y Perera (Mario Suárez, 75).

Real Sociedad: Riesgo; Carlos Martínez, Labaka, Mikel González, Xabi Castillo; Martí, Garitano, Aranburu; Xabi Prieto (Gari Uranga, m.72), Fran Mérida (Nacho, m.58); Díaz de Cerio (Víctor, m.80).
【2008/04/13】 | ラ・レアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/303-01f3f53f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード