バスクデルビー
Jornada 6

レアル・ソシエダ 0-0 アスレティック

15/16-j6カナーレス&スル


ガンチコでしたね。いろんなとこで。アリツ君(エル2号)髪切って精悍になった感じ。
えーと試合後のコメントです。(訳はテキトーです)

モイーズ監督 「勝てなかったのはがっかりだ。」「イングランドっぽい試合だった」
          「選手達の1試合を通しての熱意頑張りは素晴しかった」

バルベルデ監督 「掌中の試合で、勝てたかもしれなかった」
アペリバイ会長 「プレーと言うより、どつき合いなダービーだったね」
ゴイア市長    「アノエタ改装前の最後のダービーだったかも知れません」 (え、そうだったの!?)
スルトゥサ     「ポイントを分け合う事になったのは妥当だね。両チームとも最初から全力だった」
レジェス  「クリーンシートが保てた事は重要だよ、そうすれば勝てるようになってく」
ルジ      「引き分けは、この試合の一番妥当な結果だ、フットボールのゲームというよりも、
            てめーにはやらせねぇ、ってバトルみたいな試合だったし」

いやぁ、最後のルジの言う通りでしたね。削り合いにはならなかったけど、プレスの掛け合いが激しくて、あれじゃ良い試合はできません。両チームともセンターバックが良くてゴール割るのも難しい。面子を知ってるバスク好きとしては、それでも面白かったですが。

でも〜、やっぱ思うのが、モイーズさんがサイドからのセンタリングに拘るのが足枷になってるんじゃない?って事です。ベラがセンタリング入れてカナレス君が体張ってポストとか、スルが左足でクロス入れるとか、「おいおい役者が違うだろう」ってシーンも多かったですよね。交替もどうよ?って思いましたわ。

まぁでも、ヤル気ないような、ぬるい試合が続いた後、前節今節と少しエンジンがかかってきたように感じます。
次も気持ちだけは維持して欲しいです。あと、早くベラにゴールが欲しいぞ。

15/16-j6ベラ&バレンシアガ
今から思えば、モルガド君買ってバレンシアガ出しちゃったバディオラはやっぱ無能だった。


Real Sociedad: Rulli, Aritz Elustondo, D. Reyes, Iñigo, De la Bella, Illarra, R. Pardo, Carlos V., Canales (Xabi Prieto, min.72), Zurutuza (Bruma, min.72) y Agirretxe (Jonathas, min.87).

Athletic Club: Iraizoz, De Marcos, X. Etxeita, Laporte, Balenziaga, San José, Beñat (Iturraspe, min.81), Susaeta (I. Lekue, min.90), Raúl García, Sabin Merino (Williams, min.72) y Aduriz.

【2015/09/29】 | 試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/1943-c6906660
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード