追いつけた
Jornada 15

レアル・ソシエダ 1-1 ヘタフェ

86分 ラフィタ
91分 カルロス・マルティネス

1213-15節カルロス・マルティネスのゴール

チャーリーごめんっ。
ゴールの前まで、ヘタクソーって何度も罵声を浴びせてました。すまん。

とっても苦しめられましたね。
前半は中盤での奪い奪われの、緊張した攻防が続きましたが、
奪った後の動きが、ヘタフェは素早く前にパスを繋げられるのに、
こちらはバックパスと横パスばかり、悪い時のラ・レアルが出てしまいました。

後半の頭こそ、カウンターで数回決定機を作ったものの、
その後はかなりやられていました。
あの時プリちゃん、絶好の抜け出しチャンスだったのに打たなかった。
あれはなんだかな〜。最近、自分で突破したりシュート打ったりがなくなっちゃってません?

徐々にどっちも疲れが出たのか精度の欠くプレーが多くなってきて、
ヘタフェも決めきれないので何とか0-0で保っていたのですが。
セカンドボールは拾えない、パスはみんな引っかかる、イライラしてたら終了間際に失点ーーー

86分の失点でアノエタはガックリでした。
あーあって空気が漂ってましたが、チャーリーだけは確かに諦めないぜって動きしてたと思います。
それまでは完全ヘタフェペースだったからまさか追い付けるとは思ってませんでした。
ロスタイムの同点弾は左からのクロスにチャーリーがめずらしくゴール前まで突っ込んでってヘディング!
わたくし、土下座いたしましたです、はい。

チャーリーのゴールって過去にあったっけ??
あまし記憶にないのですが。


えーと、グリ君とチョリさんとプリエトは全然目立たなかった。
3人ともベラみたくはボールキープできてませんでしたね。
そうそう、今回はグリ君が右でチョリさん左でした。
グリ君とチャーリーって全然合わなかったよーーー


今回ヘタフェのプレスがきつくてパルド君も、おおってパスはあまし出せなかったけど、
セットプレーで入れるボールは、ほんっといいわ。


苦しんだけど、負けなかったのは評価しましょう。


Real Sociedad: Bravo, C. Martínez, Mikel, Iñigo, Griezmann (José Ángel,, min.82), Illarra, Xabi Prieto (cap.) (Zurutuza, min.68), Rubén Pardo, 'Chory' Castro (Agirretxe, min.66), Ifrán y De la Bella.

Getafe C.F.: Moyá, Alexis, Mané, Lopo, Álvaro (Paco Alcácer, min.69), P. León, Lafita (Juan Rodríguez, (min.89), Barrada (Gavilán, min.85), Valera, Michel y Xavi Torres.


【2012/12/09】 | 試合結果 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/1439-8faed73c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード