幻ゴール その2
バスクダービー幻ゴール

ドノスティアでは、昨日くらいまでゴールの取り消しと審判に対する不満が渦巻いてました。
写真見ると、この瞬間はベラとグリ君喜んでますもんね。あっちの選手は「あーあ」って顔してるし。

ゴールが認められなかった事と、ハビ・マルティネスのハンドがスルーされた事、アモレビエタのファウルを放っておきながら、次のミケゴンのファウルはとられて追加点くらった事、そして、1点目もマルケルの守備の甘さが目立った事から、そもそも何故イジャラメンディが2試合もサスペンションだったのよ、ってところまで遡って怒ってました。

ペペやセルヒオ・ラモスのえぐいファウルにカードも出ないのに、イジャラメンディの黄色で充分くらいのファウルに2試合も出場禁止。RFEFがおかしいって話になって、あそこの会長のビジャールはそもそもアスレティック出身じゃん、てな恨み節でしたよ。

ハタで聞いてたら、負け犬の遠吠えにすぎないんですけどねーーww


でも、誤審はやっぱしつこく再生されまくったみたいで、カナルプルスでは主審が線審と話してる内容を読唇術で読む始末。線審に対して「Lo del gol de antes, todos los domingos lo haces mal」と言ってたみたい。どう訳すんでしょうか?「おまえ、毎週間違ってんじゃん」みたいな?わからん。

加えてアランブルさんが主審に向かって「何が望みなんだ?今のはゴールだろっ」てカッコよく怒鳴りつけたのも読まれたらしい。この状況で放送禁止用語も使わないなんて品がいいーー(罵声はバスク語使うのか)。

私はですね、イライソスがすかさずすぐにプレーを続行したのが老獪だな~と関心したです。あれでラ・レアルの選手達は審判に文句たれる時間もなくなったわけです。文句たれて結果が変わる事は無いだろうけど、いつだったかグリ君のゴールで、ちょっとタイムラグがあってからゴールが認められた事があったじゃないですか。主審だって線審と相談したりする時間があったかも知れない。


まーね、先週のミラン対ユーベでしたっけ?ボール3個分くらい入ってたのに、ゴール認めない阿呆なラインズマンもいますし(あん時はさすがに買収?って思った)、セグンダ時代を思えば、このくらいの誤審は普通か。

次節は、サラゴサのゴールが取り消されますように。あっち3人退場とか。期待してます。
【2012/03/07】 | ラ・レアル | トラックバック(0) | コメント(0)
<<前の話題 | ホーム | 次の話題>>
コメント
コメントの投稿










管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://erreala.blog109.fc2.com/tb.php/1290-a381aa45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アレから10年、まさかの好スタート!パス回しも絶好調!2017年も続くのでしょうか?目指せヨーロッパ!


チームリストのバナー

にほんブログ村 サッカーブログ リーガ・エスパニョーラへ
にほんブログ村
カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

ぐるぐる

Author:ぐるぐる
   うらぶれイラストレータ
   わんこ好き。夏は苦手
   ごあいさつはこちら

ブログ内検索

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

過去ログ

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード